第5回 東京装画賞へのご応募ありがとうございました

第5回 東京装画賞にたくさんのご応募をいただき、ありがとうございました!
今回の応募数は下記の通りです。

  • 一般:エントリー325人/作品総数634点
  • 学生:エントリー130人/作品総数170点
  • 合計:エントリー455人/作品総数804点

そして、昨日11月28日に審査会を行いました。審査は13時から18時半まで、5時間半をかけて行い、一般63点・学生27点の計90点の秀作を選びました。
 
審査結果は、12月11日(月)に当サイトにて発表予定です。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 

東京装画賞実行委員長 山田博之

 

東京装画賞 記念講演会「『ホール・オブ・フェイム』名誉の殿堂の画家たち」

去る10月17日(火)、桑沢デザイン研究所1階ホールにて、東京装画賞 記念講演会「『ホール・オブ・フェイム』名誉の殿堂の画家たち」が行われました。

講演に先⽴って、宮川理事が「東京装画賞」の主催団体である一般社団法人日本図書設計家協会の紹介や「東京装画賞」の開催趣旨説明等を行いました。小林会長による講演では、今回受賞された杉浦非水氏・横尾忠則氏のお二人他、計9人の「Hall of Fame(名誉の殿堂)」受賞者の装丁・装画作品を作品にまつわるエピソードを交えて紹介、興味深い秘話の数々に聴講された方々は熱心に聴き入っていました。

*  *  *

いよいよ「第5回 東京装画賞」の募集期間が始まり、事務局には作品が続々と届いています! 今週の金曜日まで受け付けていますので、皆さま奮ってご応募ください。